* 親子de実践できるグルテンフリー生活 * 心と身体がよろこぶ 美味しい毎日 * 

グルテンを含むドリンク一覧★麦芽の注意点とアルコール飲料の豆知識

グルテンを含むドリンク│グルテンフリーではありません!

グルテンフリーで気をつける飲み物は、麦茶・ハトムギ茶アルコール飲料です。

「麦芽」にグルテンが含まれる可能性があるので、グルテンに過敏な方は「麦芽」を含む飲み物に注意してください。



麦茶について

麦茶について│グルテンを含むドリンクグルテンは、厳密には「小麦」にしか存在しないタンパク質です。
麦茶の原材料である「大麦」や「ハト麦」は、小麦とは異なるタンパク質を含んでいるため、麦茶は基本的にはグルテンを含まない飲料と認識されています。

ただし、必ずしも安全というわけではなく「大麦・ハト麦」と「小麦」のタンパク質は構成が似ているため、小麦に対する免疫の弱い方が麦茶を飲用すると喉の違和感・麦茶の苦みとは異なる味・かゆみなどの症状が現れる場合があるようです。

不安のある方は一度かかりつけの医師と相談してから、飲用するようにしてください。

 CHECK

  • 麦茶
  • ハトムギ茶
  • 五穀茶
  • どくだみ茶(ハト麦が含まれることがある)

麦芽を含む飲料

麦芽を含む飲料│グルテンを含むドリンク麦芽(ばくが)」とは、麦の種子を発酵させたものを言います。

通常は「大麦」を原料に使用しますが、中には「大麦」と「小麦」をブレンドして作る麦芽もあるため、グルテンへの過敏性が強い人は麦芽(ばくが)」を含む飲料は避けた方が良いとされています。

麦芽(ばくが)」の粉末に、乳製品・甘味料・コーヒー・ココアなどの香料を加えた飲料で著名なのは下記の製品です。

  • ネスレ・ミロ  (ネスレ社)
  • ホーリックス(Glaxo Smith Kline社/イギリス)

また調整豆乳に「麦芽」を加えたコーヒー牛乳風の飲料が複数のメーカーから販売されています。これらも上記と同様の理由で、グルテンに過敏な方は注意が必要です。




アルコール類

グルテンを含むアルコール類麦焼酎・ビール・ウイスキーなどの原料となるのは主に「大麦」です。大麦のタンパク質は「ホルデイン」で、厳密には「グルテン」を含んでいません。

ただし「小麦」と「大麦」は分子構造がよく似ているので、小麦アレルギーグルテン不耐症の方の中には「大麦」に反応が出る人が一定数います。

そのため、麦焼酎とビールは代表的なグルテンを含むアルコールとして知られています。

 CHECK

  • グルテンは「小麦」に含まれるタンパク質で、弾力と粘り気を出します。
  • 「大麦」のタンパク質はホルデインで、粘り気がなく吸水性があります。

居酒屋に多いサワーや酎ハイは麦焼酎ベースのものが多いので、グルテンが含まれる可能性が高いと判断します。

ウーロンハイやグレープフルーツサワー、レモンサワーなどの大半は「麦焼酎」をベースに作られています。

  注意が必要なアルコール

ビールについて

ビールについて│グルテンフリーの注意点ビールの原料となる「麦芽=モルト」は、麦(通常は大麦)の種子を発酵させたものです。

ビールに使われる麦芽(モルト)は「二条大麦」から作られるものが多く、厳密にはグルテンを含まないビールもあります。

グルテンは「小麦」にしか含まれないので、「大麦」から作られたビールは本来グルテンフリーなのです!

ただし小麦のタンパク質に過敏な方は「二条大麦」を原料にしたビールでも体調を崩したり変調を感じることがあるので、一般的には避けた方が良いとされています。

※第三のビールと呼ばれる「ビールテイスト飲料(ノンアルコール)」や「ホッピー」にも麦芽(モルト)が使用されています。

 CHECK

  • 「二条大麦」は主に、ビール・麦焼酎・麦ごはんになります。
  • 「六条大麦」は主に、麦茶・麦焼酎・麦ごはんになります。
  • 「はだか麦」は主に、麦ごはん・麦焼酎・麦味噌になります。




グルテンフリービールの注意点

のどごし生│グルテンフリービールの注意点グルテンフリーのビールとして広く認知されているキリン「のどごし生」  は「大豆」を発酵させて作られる醸造酒で、完全なグルテンフリーです。
※直接メーカーに問合わせて確認済みですが、極微量のコンタミネーションの可能性がゼロではないそうです。

ビールに限りなく近い味わいで、海外の方にもファンが多い人気商品ですが、「大豆」を原料にした飲料には「グルテン」とは異なる注意点があります。

私は一時期、毎日のように「のどごし生」を愛飲していましたが、大豆によるさまざまな体調不良から現在は飲んでいません。

私たち家族は、グルテンフリーをはじめてから摂取量が増加した「大豆」によって、さまざまな体調不良に見舞われました。

特に衝撃だったのは「大豆製品」と「豆乳」をやめたことで、甲状腺疾患(橋本病とバセドウ病)が完治したことです。発症から完治までの経緯…ご興味がありましたら一読いただけると嬉しいです。

あわせて読みたい

* 新型コロナが教えてくれたことシリーズ 第二弾 * グルテンフリーをはじめてから、私たち家族には驚くほど良い変化がたくさんありました。 特に息子は精神的に落ち着いて、癇癪がぐんと減り、免疫力UPで病院要らず! グルテンフ[…]

リアル体験記(娘が4歳で発症した「乳糖不耐症」の原因と、口臭との関係性)

蒸留酒について

蒸留酒について│グルテンフリーの注意点蒸留酒とは、醸造酒を蒸留して造ったお酒のことです。
アレルギーの原因となる物質はタンパク質にあり、蒸留(気化)することでタンパク質は分離するため、蒸留酒であれば原料に「麦」「大麦」「ライ麦」が使用されていたとしても、グルテンは含まれないと認識されています。

ただし、グルテンへの過敏性が強い人は、わずかな量にも反応する場合もあるため注意が必要です。

特にセリアック病の方は、蒸留酒であっても「麦」「麦芽」を使用したものは避けたほうが良いと言われています。

  麦(大麦)を使用している蒸留酒

  • ジン(ジントニック・ギムレット・マティーニなど)
  • ウォッカ(モスコミュール・ソルティ・ドッグなど)
  • ウィスキー(スコッチ・バーボン)

麦芽エキスの豆知識

麦芽エキスの豆知識│グルテンを含むドリンク「麦芽エキス」とは、麦芽(モルト)から精製された液体で、食品の風味付けや色付け等に使用されます。別名「モルトエキス」「モルトシロップ」とも呼ばれます。

麦芽糖と酵素が含まれているので独特の風味と甘味があり、きれいな焼色が得られるのため、ビール系飲料・ココア・コーンフレーク・パン・お菓子など多くの食品に使用されています。

ほとんどの麦芽エキスは「大麦麦芽」から作られますが、中には「トウモロコシ」や「小麦」が含まれるものもあります。

コーンフレークに加える場合「麦芽エキス」、ビールに加える場合「モルトエキス」、フランスパンなどのハード系パンに加える場合「モルトシロップ」と表記されることが多いようです。

原材料名に「麦芽エキス」「モルトエキス」「モルトシロップ」と記されていた場合、微量の「小麦」が含まれている可能性がありますので、不安を感じられる場合は製造元に問い合わせてみてください。