* 親子de実践できるグルテンフリー生活 * 心と身体がよろこぶ 美味しい毎日 * 

グルテンフリー1年経過「オレ、小麦やめて良かった」*2017年

リアル体験記(娘が4歳で発症した「乳糖不耐症」の原因と、口臭との関係性)

* これは 2017年9月頃のお話です。*


キッチンに立っていた私に、突然息子が言いました。

ママ。オレね、小麦やめて良かった

(息子は今年の夏休みから自分のことを「オレ」って言うように ww )

どうして…??

言いたいけど言えなかったことがさ、言えるようになったから

言えなかったことって、どんなこと?

えー、ママ好きとか (満面の笑みで)

うきゃっ・・・!!!

そおいえば息子は最近、
「ママ好き 」「ママ 大好き 」って毎日毎日、言ってくれます。

・・・以前は!?

生まれた時からずーっと超ママっ子なので、あまり気にしていなかったけど、ちゃんと言葉にしてくれたことは少なかったのかも?



グルテンフリーをはじめてからの変化

グルテンフリーをはじめてからの変化

小麦をやめてから一年間で、息子は身長が7cm伸びました。

新しいことに挑戦するのが苦手で、幼稚園行事にほとんど参加できなかった子が、積極的に様々なことに挑戦できるようにもなりました。

年少クラスでお世話になった先生は、息子が走ってるのを見ただけで思わず涙が出るそうです。(走ることすら拒否する子だったから 苦笑)

この一年間で、一体何人から
別人みたいだね
と言われたか分かりません。

友だちとやっと一緒に遊べるようになって
運動会で初めてリレーの選手に選ばれて
自分の気持ちを言葉にしてくれるようになって。

一年前の息子と比べたら…確かに別人なのかも~!!

ただ、そのような変化を
“単なる成長過程の一環” と捉える人はたくさんいると思います。

私の中にも、そんな考えはずっとありました。

けれど、この日。
息子の発言で私は確信しました。

やっぱり息子の変化は小麦をやめたからだったんだー!!

アレルギー症状とカラダの関係

アレルギー症状とカラダの関

アレルギーは簡単に言うと「特定の原因物質に対して、体の免疫システムが過敏になる疾患」です。

反応が強く出すぎると肺へ空気を送る気管支が狭まり、中には強いアレルギー反応によって呼吸困難などの呼吸器症状(アナキラフィシーショック)を起こし、生命に関わる場合もあります。

先日、アレルギー科の先生がおしえてくれました。

アレルギー症状が出ているとき、体内では臓器が浮腫んだ状態になっています。臓器の浮腫みが気管を圧迫するので、ひどい場合は呼吸困難を引き起こすこともあるんですよ

仮に、表面的にはアレルギー症状が見られなくても。

身体に合わないものを食べたり(触れたり)すると、
体の内側では浮腫みが発生していて、臓器の浮腫みは多大なエネルギーを消費するそうです。

特にまだ身体が小さな子どもの場合、その影響は大きいのだとか。

息子は犬アレルギーも持っていて、犬がいる部屋に長時間滞在すると呼吸音がヒューヒュー鳴って、息が苦しくなります

息子が感情をコントロールするのが人一倍苦手で、
やりたい気持ちはあっても全く参加できなくて、
怒ったり泣いたり、叩いたりを繰り返していたのは…

もしかして今まで
エネルギーの大半を「小麦」に奪われていたからなの?



新たな決意

グルテンフリー(gluten free)
一年間の治療の甲斐あって、
息子の小麦アレルギーはかなり良くなりました。

調味料に含まれる微量の小麦、お菓子に含まれる少量の小麦、と少しずつ乗り越え、今では週末に一食、うどんやパンを食べても症状は出なくなりました。

ですが我が家ではこれからも
グルテンフリーを継続しようと思っています。

だって

  • 一年前より よく笑う。
  • 一年前より たくさん話してくれる。
  • 一年前より チャレンジャーで頼もしい。

そんな今の息子とずっと、
これからも一緒にいたいから

グルテンフリー このまま頑張るぞー!